長野


管理人コメント
村内の天然水を使い、現地でしか味わえないものもあるかもしれません、2月12日までとのことなので、近くに住むまたは近くに立ち寄る機会がある人は一杯飲んでみても良いのではないでしょうか

1 おっさん友の会 ★ :2022/12/17(土) 20:24:01.89ID:8nu0YoQu9
米国発のコーヒーチェーン「ブルーボトルコーヒー」の日本法人(東京)は16日、下高井郡野沢温泉村に
車両を使った店舗「コーヒートラック」を出店した。来年2月12日まで(定休日なし)の期間限定で
県内でのブルーボトルコーヒーの出店は初めて。野沢温泉スキー場近くにある宿泊施設「野沢温泉ロッヂ」前に
トラックを設置。同法人初の試みとして、一部のメニューには村内の天然水を使う。

 自然豊かな環境でコーヒーを提供しようと今春から都内や名古屋市、福岡市などに出店しており、6カ所目。
同法人は野沢温泉について、自然環境の良さや地元住民が守ってきた水の豊かさに着目。
雪景色の中でコーヒーを味わってもらおうと出店を決めた。

 コーヒーを入れる専門家「バリスタ」が、店舗と同様にラテアートなどを施したドリンクを提供する。
アウトドアシーン向けに開発したコーヒー「アウトドアブレンド」のエスプレッソを使用したドリンク(税込み594円から)や
ワッフル「リエージュワッフル」(583円)などを販売。村内産の天然水は、インスタントコーヒーを使ったメニューや紅茶
緑茶に使用する。

信濃毎日新聞 2022/12/17 20:04
https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022121700078

【野沢温泉村でブルーボトルコーヒーを 来年2月12日まで提供中】の続きを読む


管理人コメント
子供はもう外で遊べなくなってくのかもしれませんね。
球技は危険で禁止、遊具も危険で取り壊しというのはよく見ます。
外では運動であり遊技はできなくなっていくのでしょう。

1 七波羅探題 ★ :2022/12/03(土) 16:04:31.24 ID:cjYfBBeL9.net
信濃毎日新聞12/02 13:00
https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022120200129
廃止が決まった青木島遊園地。長野市役所の「お知らせ」が張られている=11月24日、長野市青木島町大塚

(出典 image.shinmai.co.jp)


「子どもの声がうるさいからって公園を廃止してしまって良いのでしょうか?」。本紙「声のチカラ」(コエチカ)取材班に長野市民から疑問の声が寄せられた。都会では子どもの声を嫌って保育園などの用地が確保できない事例があると聞く。いったい何があったのか。現地を訪ね、関係者に話を聞いた。

■「長い間ご利用いただき、ありがとうございました」と張り紙
公園は長野県長野市青木島町大塚にある青木島遊園地。小学校の体育館一つ半ぐらいの広さで閑静な住宅街にある。記者が初めて訪れた11月中旬はツツジやケヤキが見事に紅葉していたが、遊び回る子の姿はなかった。

ふとフェンスの張り紙を見ると「青木島遊園地は、令和5年3月31日をもって廃止いたします」とあった。市役所が作った張り紙だ。原状復旧工事のため今月ごろから閉鎖するとし「長い間ご利用いただき、ありがとうございました」と結んでいた。

■多くの子どもたちが遊ぶ公園 当初は地元の要望を受けて開設
管理する市公園緑地課を訪ねた。平沢智課長は「多数の子どもが訪れ、かなりの音が出ていたことが、廃止の一因であることは事実」と説明。隣には児童センターや保育園があり、子どもたちの格好の遊び場。それだけに平沢課長も「断腸の思い」とした。

同課によると、青木島遊園地は2004年4月に地元から要望を受けて開設された。放課後には児童センターで過ごす大勢の子どもたちが遊びに来た。夕方の遅い時間帯には保護者たちのお迎えの車が相次いで出入りした。

だが、まもなく一部の近隣住民から「うるさい」「子どもたちが走り回ってほこりが舞い、車が汚れる」などと苦情が出るようになったという。

■市は対策を講じたが
そこで市は数年かけて対策を講じた。苦情を寄せた住民の家に子どもがなるべく近づかないよう、園内に最大8メートル幅の帯状にツツジを植えた。出入り口の位置も変更。児童センターでは、子どもを迎えにきた保護者にエンジンを止めるよう呼びかけた。だが、苦情は収まらなかった。

遊園地廃止は昨年3月、苦情を寄せる住民が児童センターを直接訪れ、遊園地で子どもが静かに遊ぶ方法を考えるよう求めたことが直接の決め手になったという。

■近くの児童センターは「子どもが静かに遊ぶ方法などない。だが…」
長野市が廃止する方針を決めた青木島遊園地。青木島児童センター(写真奥の建物)に隣接し、子どもたちの格好の遊び場になっていた

児童センターは「子どもが静かに遊ぶ方法などない。だが、これ以上、迷惑はかけられない」(小林俊行館長)とし、子どもたちに遊園地を使わせない方針を決めた。児童センターは定員100人に対し利用登録は144人。夏休みや冬休みは終日、施設内で過ごさなければならなくなる子どもも少なくなく、職員は「何とか外で遊ばせてあげたいのだが」と言う。

遊園地の草刈りなどは児童センターの職員や保護者が担っていたが、それもやめることにした。「遊園地を使えないのに維持管理だけを担えない」(小林館長)からだ。市は地元区長会などと協議し、新たな担い手を探したが見つからなかった。利用者もまばらになり、地元区長会は今年1月、「廃止もやむを得ない」と、市に伝えた。

■市は「一部住民に負担強いた」と重く受け止め
子どもの声がうるさいと苦情を寄せた住民の家を訪ね、取材を申し込むと「これまで市役所に伝えてきた通りだ」と硬い表情で答えた。

市公園緑地課の平沢課長は「開設から18年もの間、一部住民に負担を強いてきたことを重く受け止めた」。地元区長会の宮沢弘明会長も「廃止はやむを得ないと考える」と話す。

■よく遊ぶ子どもの親「新築の決め手だったのに…」
一方、「残念でならない」と嘆くのは長女(3)と長男(1)を連れて遊園地でよく遊んでいた会社員女性(32)。昨年3月、近くに自宅を新築。「遊園地の存在が決め手の一つだったのに」と明察。

遊園地の隣で暮らす宮崎宜義さん(85)も「子ども好きなので声は気にならない。子どもたちのためにも存続してほしい」。近くのパート女性(66)は「子どもの声が気になることもある」としつつ、県外で暮らす孫が来た際に利用することもあり「残してほしい気持ちは強い」と話した。

★1:12/02 15:45
前スレ
【長野】子どもの声がうるさいから公園が廃止…それでいいの?揺れる長野市の現地で徹底取材★5
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670023410/

【長野の廃止する公園 苦情と存続願う、二つの意見】の続きを読む

このページのトップヘ